スピリチュアリズムを学ぶ

 スピリチュアリズムとの出会いは前述した『シルバーバーチの霊訓』(近藤千雄訳、潮文社)でした。霊訓を読み、今生の目標が霊性の向上の一言に尽きることと理解しました。そして何をすべきかを関連書籍(多くは近藤千雄氏翻訳のもの)や資料から学びました。

 今ではスピリチュアリズムにより来世の存在を確信し現世の生活の意義を理解できたことにより物質の儚さ、目に見えないものの大切さなどを自覚できたことで大きな視点で物事を見れるようになり、心が以前より温かく穏やかになった気がします。

  スピリチュアリズムは今では私の根底に流れる死生観となっています。