エドガー・ケイシー療法とは?

エドガー・ケイシー

エドガー・ケイシーとはどのような人物か?


 「エドガー・ケイシーは1877年にアメリカのケンタッキー州に生まれ、1945年に亡くなるまでとてもユニークな能力を発揮した人として有名です。
 どのような能力があったかと言うと、彼は中学しか卒業していないにもかかわらず、ひとたび催眠状態に入ると、一流の医者や学者ですら知り得ない驚くほどの高度な知識や知性をあらゆる分野に発揮することができたのです。

 難病の人にはその原因と治療法を与え、人生の悩みを抱えている人にはその解決法を示し、科学者には科学の知識を、そして美容健康に関心のある女性にはその有効な美容健康法を与えることができたのです。
 彼が催眠状態で語る内容は、後に「リーディング」と呼ばれるようになりました。当時のアメリカ大統領ですら、ケイシーをホワイトハウスに招いて国際問題についてケイシーから何度もリーディングを得ているほどです。
 
 24歳から67歳で亡くなるまでの間に数万回ものリーディングを行い、46歳以降の正確な記録として残されたものだけでも14,000件を超えます。そしてそれらのリーディング資料は現在も多くの探求者や悩める人々の貴重な情報源として活用されています」(『エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ』(光田秀著、総合法令出版発行、2008年)より。

・1877年3月18日米国ケンタッキー州に生まれる。
・23歳の時、失声症になり、さまざまな治療法を試すが治癒しなかった。
・24歳の時、催眠療法を試し、催眠状態で驚異的な透視能力を発現する。ケイシーが催眠中に述べた内容は「リーディング」と呼ばれるようになる。
・自分の不思議な能力は神からの賜物であると信じ、病気の人を助けることに能力を使い始める。
・46歳の時、病気治療以外の分野にも能力が適用されることを見出す。医学、科学、工学、考古学、心理学、宗教学、神学などさまざまな分野に能力を発揮する。とりわけ、人間の本質が肉体の死を越えて存続する永遠不滅の高貴な霊的存在であり、魂の練磨のために輪廻転生することを現代人にも納得し得る形で具体的に示した功績はきわめて大きい。
・1945年1月3日、67歳で他界する。

私とエドガー・ケイシー

 私は約20年前に鍼灸学校に通っていた時にクラスメートの女性からエドガー・ケイシーのことを教えられました。「きっと遠藤さんにはケイシーが合うから」と言ってくれた言葉が今でも耳に残っています。それからケイシーの本を読み始めました。まったく素晴らしい!

 特にケイシーの謙虚さ、人のために役立ちたいという強い熱意と行動には感嘆し尊敬の念を強くしましたし、自分もケイシーのように世の役に立ちたいと改めて思ったものです。そしてこのような人物が生涯をかけて行ってきたリーディングという行為がとても売名行為とかいかがわしい動機から来るものとは思えず、ケイシーがリーディングで語ることを真実と思うようになりました。

 治療院を開業して多くのがん患者さんの治療に携わってきたからこそ理解できたことだと考えていますが、ケイシーがリーディングで語る治療法、養生法はとてもまっとうなものだと思います。身体からまずは毒素を排泄することが重要であること、食事療法はがんのような難病を治すには必須であること、そして心、魂の重要性。。。

 オオバコ軟膏というケイシーの療法で劇的に症状が改善した方を何人も診てきました。体験から申し上げることですがケイシー療法はまったく素晴らしい。もっとこの療法が世の中に認められることを強く願っています。またそう思ってもらえる機会を患者さんに提供できる環境に感謝しています。
 

エドガー・ケイシー療法とは?

 エドガー・ケイシー療法の原理は一般に、その英語の頭文字をとって「CARE」と呼ばれます。

・Circulation (循環)       血液・リンパ液からなる体液の循環
・Assimilation (同化)    食べた物を適切に消化吸収すること
・Relaxation / Rest (休息/休眠) 体を充分に休めること
・Elimination (排泄)       体内の老廃物を適切に排泄すること


 この4つの原理の中でも、ケイシーは特に4番目の「排泄」を非常に重視し、体内に毒素(老廃物)が蓄積されることを病気の最大の原因と見なしています。

 体内に蓄積された毒素(老廃物)を排泄する方法として、ケイシーは食事による方法の他に、温熱ひまし油湿布、リンゴダイエット、コロニクス(洗腸) などを勧めています。

 また血行やリンパ液の循環を円滑にするものとして、ケイシーは各種のオイルマッサージ、(首出し)サウナやスチームバスなどを勧めています。

 当院では食事療法のご指導、毒素排泄法として温熱ひまし油湿布、灰+光線療法(フラーレン・フォトセラピー)、オオバコ軟膏、、そして各種オイルマッサージによって劣化した血液の改善、浄化を目指しています。
 
 

映画『リーディング』が劇場公開されます

ケイシー療法によるがん治療の指針
 
 エドガー・ケイシーの生涯とその業績が世界で初めて映画化されました。

 ケイシーの残した記録は「リーディング」と呼ばれていますが、その名を冠した映画『リーディング』です。
 監督は白鳥哲氏。これまで「ストーンエイジ」「魂の教育」「不食の人」「「祈り〜サムシンググレートとの対話」「蘇生」といったメッセージ性の高いドキュメンタリー映像をその先見の明から制作、世の中に訴えてこられました。

 映画はケイシー療法を取り入れた医療現場での証言を通して、人類の道筋について探っていくものとなっています。 
 出演者にはケイシー療法を医療の現場で取り入れてこられた大阪市のみうらクリニック院長の三浦直樹先生、横浜市の池川クリニック院長の池川明先生、川崎市のイーハトーブクリニック院長の萩原優先生、東京の赤坂溜池クリニック院長の降矢英成先生、クリニック光のいずみ院長の石川眞樹夫先生をはじめ、実際にエドガー・ケイシー療法でがんを治した方々も登場されています。

 劇場公開は先になりますが2018年2月23日から。東京では板橋のイオンシネマにて。
 どうぞ皆様のご高覧をお願い申し上げる次第です。
映画「リーディング」
上映の詳細→株式会社OFFICE TETSU SHIRATORI