エドガー・ケイシー療法とは?

エドガー・ケイシー

エドガー・ケイシーとはどのような人物か?


 「エドガー・ケイシーは1877年にアメリカのケンタッキー州に生まれ、1945年に亡くなるまでとてもユニークな能力を発揮した人として有名です。
 どのような能力があったかと言うと、彼は中学しか卒業していないにもかかわらず、ひとたび催眠状態に入ると、一流の医者や学者ですら知り得ない驚くほどの高度な知識や知性をあらゆる分野に発揮することができたのです。

 難病の人にはその原因と治療法を与え、人生の悩みを抱えている人にはその解決法を示し、科学者には科学の知識を、そして美容健康に関心のある女性にはその有効な美容健康法を与えることができたのです。
 彼が催眠状態で語る内容は、後に「リーディング」と呼ばれるようになりました。当時のアメリカ大統領ですら、ケイシーをホワイトハウスに招いて国際問題についてケイシーから何度もリーディングを得ているほどです。
 
 24歳から67歳で亡くなるまでの間に数万回ものリーディングを行い、46歳以降の正確な記録として残されたものだけでも14,000件を超えます。そしてそれらのリーディング資料は現在も多くの探求者や悩める人々の貴重な情報源として活用されています」(『エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ』(光田秀著、総合法令出版発行、2008年)より。

・1877年3月18日米国ケンタッキー州に生まれる。
・23歳の時、失声症になり、さまざまな治療法を試すが治癒しなかった。
・24歳の時、催眠療法を試し、催眠状態で驚異的な透視能力を発現する。ケイシーが催眠中に述べた内容は「リーディング」と呼ばれるようになる。
・自分の不思議な能力は神からの賜物であると信じ、病気の人を助けることに能力を使い始める。
・46歳の時、病気治療以外の分野にも能力が適用されることを見出す。医学、科学、工学、考古学、心理学、宗教学、神学などさまざまな分野に能力を発揮する。とりわけ、人間の本質が肉体の死を越えて存続する永遠不滅の高貴な霊的存在であり、魂の練磨のために輪廻転生することを現代人にも納得し得る形で具体的に示した功績はきわめて大きい。
・1945年1月3日、67歳で他界する。

私とエドガー・ケイシー

 私は約20年前に鍼灸学校に通っていた時にクラスメートの女性からエドガー・ケイシーのことを教えられました。「きっと遠藤さんにはケイシーが合うから」と言ってくれた言葉が今でも耳に残っています。それからケイシーの本を読み始めました。まったく素晴らしい!

 特にケイシーの謙虚さ、人のために役立ちたいという強い熱意と行動には感嘆し尊敬の念を強くしましたし、自分もケイシーのように世の役に立ちたいと改めて思ったものです。そしてこのような人物が生涯をかけて行ってきたリーディングという行為がとても売名行為とかいかがわしい動機から来るものとは思えず、ケイシーがリーディングで語ることを真実と思うようになりました。

 治療院を開業して多くのがん患者さんの治療に携わってきたからこそ理解できたことだと考えていますが、ケイシーがリーディングで語る治療法、養生法はとてもまっとうなものだと思います。身体からまずは毒素を排泄することが重要であること、食事療法はがんのような難病を治すには必須であること、そして心、魂の重要性。。。

 オオバコ軟膏というケイシーの療法で劇的に症状が改善した方を何人も診てきました。体験から申し上げることですがケイシー療法はまったく素晴らしい。もっとこの療法が世の中に認められることを強く願っています。またそう思ってもらえる機会を患者さんに提供できる環境に感謝しています。
 

エドガー・ケイシー療法とは?

 エドガー・ケイシー療法の原理は一般に、その英語の頭文字をとって「CARE」と呼ばれます。

・Circulation (循環)       血液・リンパ液からなる体液の循環
・Assimilation (同化)    食べた物を適切に消化吸収すること
・Relaxation / Rest (休息/休眠) 体を充分に休めること
・Elimination (排泄)       体内の老廃物を適切に排泄すること

 当院では
ケイシーは体液の循環が停滞している場合、マッサージ(特にオイルを使ったオイルマッサージ)を頻繁に勧めました。これは非常に手軽な療法で、家庭でも簡単に実行することができます。
 ケイシー療法で使うオイルは基本的にオリーブオイル、ピーナッツオイル、ヒマシ油の3つです。それぞれのオイルには特性があり、ケイシーの主張によれば、オリーブオイルは皮膚なのど粘膜系に、ピーナッツオイルは筋骨格系に、そしてヒマシ油は免疫系に良く働きかけるとされます。オイルマッサージでは、ピーナッツオイルとオリーブオイルを半々の割合で混ぜた混合オイルが一般用途に勧められます。より皮膚への浸透を高めたい場合は、全体の5パーセントに相当する量のラノリン(羊毛脂)を加えます。ラノリンは入手がやや難しいので、ラノリンの入ったマッサージオイルを使いたい場合は、ケイシー療法の用品を販売しているところから購入されると良いでしょう。
 ピーナッツアレルギーのある方はピーナッツオイルを使うことができませんので、その場合はピーナッツオイルを含まないマッサージオイルを使う必要があります。
 このマッサージオイルは体のどこに塗っても効果がありますが、とりわけケイシーが勧めたのは背骨に沿った部位への擦り込みです。
 お風呂上がりか、就寝前に、背骨にそってオイルを擦り込んでもらいます。マッサージを受ける人はうつぶせになり、施術者は小さじ1杯程度のオイルを手の平に取り、それを片手あるいは両手を使って、相手の背骨に沿って擦り込みます。体がリラックスルするような強さとリズムで擦り込めば充分です。背骨に沿うマッサージだけであれば、5分くらいでも充分です。背骨の両側には内臓をコントロールしている神経節が存在しており、そこに適度な刺激を加えることで、全身の状態を改善します。
 背骨へのオイルマッサージは簡単で短時間ですみますから、毎晩行っても負担にはなりません。そして週に1回くらいの割合で全身(フルボディ)のオイルマッサージを受けるなら、体液の循環に関しては理想的なケアになります。




 この4つの原理の中でも、ケイシーは特に4番目の「排泄」を非常に重視し、体内に毒素(老廃物)が蓄積されることを病気の最大の原因と見なしています。

 体内に蓄積された毒素(老廃物)を排泄する方法として、ケイシーは食事による方法の他に、ひまし油温熱パック、リンゴダイエット、コロニクス(洗腸) などを勧めています。

 血行やリンパ液の循環を円滑にするものとして、ケイシーは各種のオイルマッサージ、(首出し)サウナやスチームバスなどを勧めています。また健康を維持するには食事も重要な要素です。

 
 

ケイシー療法によるがん治療の指針

ケイシー療法によるがん治療の指針
 当院ではエドガー・ケイシーがリーディングで遺したがん治療もしております。
 これはNPO法人日本エドガー・ケイシーセンター編集発行の「ケイシー療法によるがん治療の指針」に詳しく記載されています。

 当院でもこのケイシー療法の中のオオバコを使った湿布にとても効果があった経験があります。

ケイシー療法によるがん治療の基本

 ケイシーががん治療のために与えたアドバイスでは多くのケースで「食事療法」「毒素排泄」「灰+光線療法」が勧められています。特に「灰+光線療法」はケイシー療法におけるがん治療の中心的な治療法です。
 
 また滋養強壮剤としてのビーフジュース、薬草(オオバコ、マリン)もしばしば補助的に使っています。
 

ケイシーが勧めたがんを治すための食事療法

ケイシー療法の基本原理=健康の維持回復に欠かせない原理(CARE)と手法

 1.C(Circulation):循環(血液・リンパ・神経インパルス)

    ・オイルマッサージ(オリーブオイル+ピーナッツオイル)

    ・オステオパシー(整骨療法)

    ・ハイドロセラピー(首出しサウナ、足湯、腰湯など)

 2.A(Assimilation):消化吸収(同化)

   ケイシーの食事10箇条

    1)四足の獣の肉は避ける。特に豚肉。(No Pork)

    2)揚げ物を避ける(No Fried Food)

    3)新鮮な野菜を豊富に食べる。

      (昼:地上の生野菜、夜:地下の温野菜)

    4)皮膚の弱い人はアクの強い野菜を避ける

      (特にナス科:ナス、トマト、じゃがいも)

    5)野菜を食べるときはゼラチンと一緒に。

      (体内にゼラチン質があると野菜の吸収が7倍増加する)

    6)精白した米、パンは避ける

      (複数の穀類を同時に食べない。例:ラーメンライスなど)

      (1回の食事内に違う穀類を食べない。消化の仕方が異なるので消化ができなくなる。特に身体が弱っている場合には一日のうちで食べる穀類を1種類にして消化に負担を掛けない。複数の穀類を食べると消化に負担となる)

    7)柑橘系の果物をできるだけ豊富に食べる

      (柑橘類は酸っぱいが体内に入るとアルカリとなり、酸性に傾いた体の平衡を戻す。ただし穀類と一緒に食べない。一緒に食べると柑橘類は強酸性となってしまう。穀類食と前後2時間離すこと)

    8)1日1.5リットルの水を飲む。

    9)砂糖を多く含む菓子類を食べない

    10)怒っているとき、悲しんでいるときは食べない

     ・これらの時は水だけにする。

 3.R(Rest/Relaxation):睡眠・休息

 4.E(Elimination):排泄(異化)

    ケイシーは適切な食事による排泄を重視したが、現代人は食事だけでは充分な排泄が得られない。それを補うものとして以下の治療法が勧められた。

    ・ひまし油温熱パック

    ・コロニクス(洗腸)

    ・リンゴダイエット

     (ブドウダイエット、オレンジダイエット)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 子宮がん、卵巣がん、乳がんなどのがんの治療としては上の食事療法で、特に1と2の「豚肉、牛肉の禁食」、「揚げ物の禁食」が大事である。これは血液を劣化させるためとされる。



 ケイシーはがんの原因を血液の劣化と喝破している。以下の通りである。

 1.酸・アルカリのバランスが酸性過多になっている。

   →これを解消するために柑橘系の食べ物(体内に入るとアルカリ化し身体を弱酸性からアルカリに傾かせる)を多食することが大事である。

 2.血液中に老廃物が増え、血中毒素が多くなっている

   →動物性たんぱく、糖質を食事で摂ることを控えることで防ぐ。

    葉物野菜とくにクレソン、セロリ、レタスを多食することで血液が非常に浄化される。とくにクレソンが良い。  

 3.血液の凝固力が低下しているため、免疫細胞ががん細胞を攻撃する力が弱い。

   →これを高めるのがニンジン。1日にニンジンを2本食べるとすぐに血液が止まる。ニンジンを食べることで凝固力を高めることができ免疫細胞の攻撃力が高まる。

 4.血液の酸素供給力が低下している。

   →これを改善するためケイシー考案の「カーボンアッシュ」(=フラーレン)を飲む。フラーレンは特に放射線治療をしている際にはその効果を高めると言われているので服用を勧める。(神奈川のイーハトーブクリニックから入手できる)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 実際の食事の仕方例として。。

 朝食:1日おきにみかんなど柑橘系だけの食事にする。例えば「奇数日はみかんだけ」など。柑橘類の種類は問わない。ジュースでも可。

 昼食:基本的に生の葉物野菜のみ。ニンジンOK.

    ほどよく種類を食べ合わせる。ドレッシグは可。オリーブオイル+塩など良い。ゼラチンを掛けて食べたい。ほんの少しのパンは可。肉類は摂らない。

 夕食:いくらか温野菜。温めた穀類。消化の良い白身の魚。赤味の魚、エビ、カニ、イカ、タコは避ける。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ・乳製品はその人の消化力に関わってくる。

 ・気を付けた方が良いもの→ジャガイモ、カブ。地下茎でグッと固まるようなものは避ける。生姜はOK。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 手当て法:

  ・温熱ひまし油湿布  

    週に連続して3日行う。4日休む。

    これを4週続けて1週休む。

    通常1時間当てるが、1.5~2.0時間に伸ばすこともある。

  ・コロニクス(洗腸)を月に1回行う。

    ケイシーはグライコサイモリンを勧めているがこの成分には日本の薬事法に触れるものがあるので輸入できない。替わりにテンプルビューティフルでアルカサイモリンを販売している。

  ・乳がんには特にオオバコローション(オオバコ軟膏・オオバコクリーム)を勧める。オオバコはポリープを作る体質の人に勧めている。

   また、乳がんが痛む場合、アルカサイモリンをパックにして患部に貼ると痛みが治まる。

  ・子宮体がん、子宮頸がんには膣洗浄を勧める。

   アルカサイモリンを使う。

 ケイシー療法の基本原理=健康の維持回復に欠かせない原理(CARE)と手法

 1.C(Circulation):循環(血液・リンパ・神経インパルス)

    ・オイルマッサージ(オリーブオイル+ピーナッツオイル)

    ・オステオパシー(整骨療法)

    ・ハイドロセラピー(首出しサウナ、足湯、腰湯など)

 2.A(Assimilation):消化吸収(同化)

   ケイシーの食事10箇条

    1)四足の獣の肉は避ける。特に豚肉。(No Pork)

    2)揚げ物を避ける(No Fried Food)

    3)新鮮な野菜を豊富に食べる。

      (昼:地上の生野菜、夜:地下の温野菜)

    4)皮膚の弱い人はアクの強い野菜を避ける

      (特にナス科:ナス、トマト、じゃがいも)

    5)野菜を食べるときはゼラチンと一緒に。

      (体内にゼラチン質があると野菜の吸収が7倍増加する)

    6)精白した米、パンは避ける

      (複数の穀類を同時に食べない。例:ラーメンライスなど)

      (1回の食事内に違う穀類を食べない。消化の仕方が異なるので消化ができなくなる。特に身体が弱っている場合には一日のうちで食べる穀類を1種類にして消化に負担を掛けない。複数の穀類を食べると消化に負担となる)

    7)柑橘系の果物をできるだけ豊富に食べる

      (柑橘類は酸っぱいが体内に入るとアルカリとなり、酸性に傾いた体の平衡を戻す。ただし穀類と一緒に食べない。一緒に食べると柑橘類は強酸性となってしまう。穀類食と前後2時間離すこと)

    8)1日1.5リットルの水を飲む。

    9)砂糖を多く含む菓子類を食べない

    10)怒っているとき、悲しんでいるときは食べない

     ・これらの時は水だけにする。

 3.R(Rest/Relaxation):睡眠・休息

 4.E(Elimination):排泄(異化)

    ケイシーは適切な食事による排泄を重視したが、現代人は食事だけでは充分な排泄が得られない。それを補うものとして以下の治療法が勧められた。

    ・ひまし油温熱パック

    ・コロニクス(洗腸)

    ・リンゴダイエット

     (ブドウダイエット、オレンジダイエット)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 子宮がん、卵巣がん、乳がんなどのがんの治療としては上の食事療法で、特に1と2の「豚肉、牛肉の禁食」、「揚げ物の禁食」が大事である。これは血液を劣化させるためとされる。



 ケイシーはがんの原因を血液の劣化と喝破している。以下の通りである。

 1.酸・アルカリのバランスが酸性過多になっている。

   →これを解消するために柑橘系の食べ物(体内に入るとアルカリ化し身体を弱酸性からアルカリに傾かせる)を多食することが大事である。

 2.血液中に老廃物が増え、血中毒素が多くなっている

   →動物性たんぱく、糖質を食事で摂ることを控えることで防ぐ。

    葉物野菜とくにクレソン、セロリ、レタスを多食することで血液が非常に浄化される。とくにクレソンが良い。  

 3.血液の凝固力が低下しているため、免疫細胞ががん細胞を攻撃する力が弱い。

   →これを高めるのがニンジン。1日にニンジンを2本食べるとすぐに血液が止まる。ニンジンを食べることで凝固力を高めることができ免疫細胞の攻撃力が高まる。

 4.血液の酸素供給力が低下している。

   →これを改善するためケイシー考案の「カーボンアッシュ」(=フラーレン)を飲む。フラーレンは特に放射線治療をしている際にはその効果を高めると言われているので服用を勧める。(神奈川のイーハトーブクリニックから入手できる)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 実際の食事の仕方例として。。

 朝食:1日おきにみかんなど柑橘系だけの食事にする。例えば「奇数日はみかんだけ」など。柑橘類の種類は問わない。ジュースでも可。

 昼食:基本的に生の葉物野菜のみ。ニンジンOK.

    ほどよく種類を食べ合わせる。ドレッシグは可。オリーブオイル+塩など良い。ゼラチンを掛けて食べたい。ほんの少しのパンは可。肉類は摂らない。

 夕食:いくらか温野菜。温めた穀類。消化の良い白身の魚。赤味の魚、エビ、カニ、イカ、タコは避ける。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ・乳製品はその人の消化力に関わってくる。

 ・気を付けた方が良いもの→ジャガイモ、カブ。地下茎でグッと固まるようなものは避ける。生姜はOK。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 手当て法:

  ・温熱ひまし油湿布  

    週に連続して3日行う。4日休む。

    これを4週続けて1週休む。

    通常1時間当てるが、1.5~2.0時間に伸ばすこともある。

  ・コロニクス(洗腸)を月に1回行う。

    ケイシーはグライコサイモリンを勧めているがこの成分には日本の薬事法に触れるものがあるので輸入できない。替わりにテンプルビューティフルでアルカサイモリンを販売している。

  ・乳がんには特にオオバコローション(オオバコ軟膏・オオバコクリーム)を勧める。オオバコはポリープを作る体質の人に勧めている。

   また、乳がんが痛む場合、アルカサイモリンをパックにして患部に貼ると痛みが治まる。

  ・子宮体がん、子宮頸がんには膣洗浄を勧める。

   アルカサイモリンを使う。

 ケイシー療法の基本原理=健康の維持回復に欠かせない原理(CARE)と手法

 1.C(Circulation):循環(血液・リンパ・神経インパルス)

    ・オイルマッサージ(オリーブオイル+ピーナッツオイル)

    ・オステオパシー(整骨療法)

    ・ハイドロセラピー(首出しサウナ、足湯、腰湯など)

 2.A(Assimilation):消化吸収(同化)

   ケイシーの食事10箇条

    1)四足の獣の肉は避ける。特に豚肉。(No Pork)

    2)揚げ物を避ける(No Fried Food)

    3)新鮮な野菜を豊富に食べる。

      (昼:地上の生野菜、夜:地下の温野菜)

    4)皮膚の弱い人はアクの強い野菜を避ける

      (特にナス科:ナス、トマト、じゃがいも)

    5)野菜を食べるときはゼラチンと一緒に。

      (体内にゼラチン質があると野菜の吸収が7倍増加する)

    6)精白した米、パンは避ける

      (複数の穀類を同時に食べない。例:ラーメンライスなど)

      (1回の食事内に違う穀類を食べない。消化の仕方が異なるので消化ができなくなる。特に身体が弱っている場合には一日のうちで食べる穀類を1種類にして消化に負担を掛けない。複数の穀類を食べると消化に負担となる)

    7)柑橘系の果物をできるだけ豊富に食べる

      (柑橘類は酸っぱいが体内に入るとアルカリとなり、酸性に傾いた体の平衡を戻す。ただし穀類と一緒に食べない。一緒に食べると柑橘類は強酸性となってしまう。穀類食と前後2時間離すこと)

    8)1日1.5リットルの水を飲む。

    9)砂糖を多く含む菓子類を食べない

    10)怒っているとき、悲しんでいるときは食べない

     ・これらの時は水だけにする。

 3.R(Rest/Relaxation):睡眠・休息

 4.E(Elimination):排泄(異化)

    ケイシーは適切な食事による排泄を重視したが、現代人は食事だけでは充分な排泄が得られない。それを補うものとして以下の治療法が勧められた。

    ・ひまし油温熱パック

    ・コロニクス(洗腸)

    ・リンゴダイエット

     (ブドウダイエット、オレンジダイエット)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 子宮がん、卵巣がん、乳がんなどのがんの治療としては上の食事療法で、特に1と2の「豚肉、牛肉の禁食」、「揚げ物の禁食」が大事である。これは血液を劣化させるためとされる。



 ケイシーはがんの原因を血液の劣化と喝破している。以下の通りである。

 1.酸・アルカリのバランスが酸性過多になっている。

   →これを解消するために柑橘系の食べ物(体内に入るとアルカリ化し身体を弱酸性からアルカリに傾かせる)を多食することが大事である。

 2.血液中に老廃物が増え、血中毒素が多くなっている

   →動物性たんぱく、糖質を食事で摂ることを控えることで防ぐ。

    葉物野菜とくにクレソン、セロリ、レタスを多食することで血液が非常に浄化される。とくにクレソンが良い。  

 3.血液の凝固力が低下しているため、免疫細胞ががん細胞を攻撃する力が弱い。

   →これを高めるのがニンジン。1日にニンジンを2本食べるとすぐに血液が止まる。ニンジンを食べることで凝固力を高めることができ免疫細胞の攻撃力が高まる。

 4.血液の酸素供給力が低下している。

   →これを改善するためケイシー考案の「カーボンアッシュ」(=フラーレン)を飲む。フラーレンは特に放射線治療をしている際にはその効果を高めると言われているので服用を勧める。(神奈川のイーハトーブクリニックから入手できる)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 実際の食事の仕方例として。。

 朝食:1日おきにみかんなど柑橘系だけの食事にする。例えば「奇数日はみかんだけ」など。柑橘類の種類は問わない。ジュースでも可。

 昼食:基本的に生の葉物野菜のみ。ニンジンOK.

    ほどよく種類を食べ合わせる。ドレッシグは可。オリーブオイル+塩など良い。ゼラチンを掛けて食べたい。ほんの少しのパンは可。肉類は摂らない。

 夕食:いくらか温野菜。温めた穀類。消化の良い白身の魚。赤味の魚、エビ、カニ、イカ、タコは避ける。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ・乳製品はその人の消化力に関わってくる。

 ・気を付けた方が良いもの→ジャガイモ、カブ。地下茎でグッと固まるようなものは避ける。生姜はOK。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 手当て法:

  ・温熱ひまし油湿布  

    週に連続して3日行う。4日休む。

    これを4週続けて1週休む。

    通常1時間当てるが、1.5~2.0時間に伸ばすこともある。

  ・コロニクス(洗腸)を月に1回行う。

    ケイシーはグライコサイモリンを勧めているがこの成分には日本の薬事法に触れるものがあるので輸入できない。替わりにテンプルビューティフルでアルカサイモリンを販売している。

  ・乳がんには特にオオバコローション(オオバコ軟膏・オオバコクリーム)を勧める。オオバコはポリープを作る体質の人に勧めている。

   また、乳がんが痛む場合、アルカサイモリンをパックにして患部に貼ると痛みが治まる。

  ・子宮体がん、子宮頸がんには膣洗浄を勧める。

   アルカサイモリンを使う。